ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 防災危機管理課 > 防災とボランティアの日・防災とボランティア週間

防災とボランティアの日・防災とボランティア週間

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月15日更新

1月17日は「防災とボランティアの日」、1月15日~21日は「防災とボランティア週間」です。

 平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災では、ボランティア活動が果たす役割の重要性があらためて認識されました
 これを契機にボランティア活動への認識を深め、災害への備えを充実強化を図る目的で、1月17日を「防災とボランティアの日」と定め、1月17日を中心とする1週間を「防災とボランティア週間」としました。

 大規模広域災害では、行政自体が被災することや道路の損壊等、行政の救助が遅れるため、ご近所同士の助け合いが重要になります。
 この機会に、地域のコミュニティによる自助、共助の必要性をあらためて認識し、家族やご近所で防災について話し合ってみましょう!

 萩市民館の西側ロビーに自分でできる災害対策や防災グッズを展示していますので、参考としてください。

家族会議

災害用伝言ダイヤルについて

 普段から遠隔の家族や友人の安否確認・連絡方法を話し合っておきましょう。
 1月15日09時~21日17時は、NTT災害用伝言ダイヤル171や災害用伝言板(web171)の体験が可能です。
 発信元から伝言ダイヤルのキーとする電話番号までの通話料金が必要ですが、いざに備えて操作体験をしてみましょう!
 操作方法は、電話帳やNTTホームページに記載されています。

関連ページ

防災に関する日

防災情報の入手方法

自主防災組織をつくりましょう!

家庭で防災対策

災害伝言ダイヤル171の使い方

防災マップ(ハザードマップ)