ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

農業者年金

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年7月27日更新

農業者は、基本的には国民年金に加入していますが、その上乗せ年金として農業者年金制度があり、多くの方がこの制度に加入し、年金を受給されています。

加入要件

年間60日以上農業に従事する60歳未満の方で、国民年金第1号被保険者であれば、農地等の権利名義がなくても、加入できます。配偶者や後継者など家族農業従事者の方も加入できます。

積立方式

納めた保険料とその運用益が将来受けとる年金の原資となる「積立方式」の年金です。 保険料は月額2万円を基本とし、1,000円ごとに6万7,000円まで増やすことができます。また支払った保険料は全額、社会保険料控除の対象となります。

保険料助成

認定農業者で青色申告をしている方やその方と家族経営協定を結んだ配偶者・後継者の方など一定の要件を満たす方に対し、国が保険料の助成(政策支援)を行っています。 加入手続きは農協備え付けの書類を提出してください。