ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 福祉支援課 > 税法上の障害者控除対象者認定

税法上の障害者控除対象者認定

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月8日更新

「障害者控除対象者認定書」の交付について

 障がい者手帳などの交付を受けていない方であっても、65歳以上で、寝たきりや認知症の状態が一定の基準に該当し、「身体障がい者又は知的障がい者に準ずる」と認められるときは、所得税や市民税の障害者控除を受けることができます。
 なお、この控除の適用を受けようとするときは、萩市が発行する「障害者控除対象者認定書」が必要になります。

申請できる方

・対象者本人
・対象者の親族(6親等内の血族、配偶者、3親等内の姻族)…民法第725条
 ※親族が申請する場合、要介護認定情報等の調査について、本人の同意が必要

以下のいずれかに該当する方は、「障害者控除対象者認定書」の申請をする必要はありません。

・既に障がい者手帳の交付を受けている方(確申告の際に手帳を提示することで控除を受けることができます。)  
・確定申告をする必要のない方(非課税世帯の方や生活保護を受けている方など)

申請する際に必要なもの

障害者控除対象者認定申請書(第1号様式) [Wordファイル/45KB]
・印鑑
・介護保険被保険者証(原本の持参が困難な場合、写しを提示してください。)
・身分を証明する書類(親族が申請する場合)

申請窓口

・福祉支援課障がい福祉係
・各総合事務所市民窓口部門
・支所
・出張所

交付方法

・認定書は、原則として、申請者に郵送します。
・申請から認定書交付まで、10日間程度かかります。

その他

・萩市に住民票を有していない方(住所地特例制度の適用を受けて市外の施設に居住している方など)については、萩市から「障害者控除対象者認定書」の発行ができません。お手数ですが、住所地の市町村にお問い合わせください。

関係法令

 民法(明治29年法律第89号) ※法令データ提供システム

 所得税法施行令(昭和40年政令第96号) ※法令データ提供システム

 地方税法施行令(昭和25年政令第245号) ※法令データ提供システム

 萩市障害者控除対象者認定書交付に関する要綱 [PDFファイル/187KB]