ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 高齢者支援課 > 介護保険制度のしくみ

介護保険制度のしくみ

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月28日更新

 平成12年4月からはじまった「介護保険制度」は、急速に高齢化が進み、介護を必要とする方が増加しているなかで、介護を必要とする状態になっても、安心して住み慣れた地域で生活できるように、高齢者等の介護を社会全体で支えていこうという制度です。
 原則として40歳以上の方全員が加入者(被保険者)となって納めていただく保険料と公費を財源として萩市が運営を行っています。
 介護が必要となったときは、申請をし、要介護認定を受けることにより介護サービスを利用できるしくみとなっています。

▼申請が必要なとき

●介護が必要になり、新たに要介護・要支援認定を受けるとき
●要介護・要支援認定を更新するとき
●認定の有効期間内に心身の状態が悪化・重度化した等により、介護の必要性が現に認定されている要介護状態区分に該当しなくなったとき

▼申請方法

高齢者支援課介護保険係、各総合事務所、支所・出張所備え付けの要介護・要支援認定申請書を提出してください。

▼申請時に必要なもの

介護保険被保険者証
(注)第2号被保険者の方(40歳から64歳の方)は、医療保険の被保険者証を確認します。

申請後、訪問調査、介護認定審査会による審査等を経て、要支援・要介護度の認定を行います。認定には有効期限がありますので、引き続き介護サービスを利用する場合は、有効期限の30日前までに更新申請をしてください。

介護保険(要介護・要支援)認定申請書 (word形式:78KB)

介護保険(要介護・要支援)認定申請書 (pdf形式:297KB)

記入例:介護保険(要介護・要支援)認定申請書 (pdf形式:495KB)