HOME > 松方弘樹さん、萩・見島で300kgオーバーの巨大クロマグロを釣り上げる
文字の大きさを拡大する文字の大きさを標準にする文字の大きさを小さくする

松方弘樹さん、萩・見島で300kgオーバーの巨大クロマグロを釣り上げる

掲載日: 2008年11月26日 / 担当: 水産課

 萩市・見島で開催された、第11回萩クロマグロトーナメント(11月23日〜25日)で、ゲスト参加した俳優の松方弘樹さんが、23日、重さ300kgを超える巨大クロマグロを釣り上げました。

重さ300kg、全長255cmの巨大マグロと松方さん

 見島で300kgオーバーのクロマグロは、これまで4本しかあがったことがないという。約1時間の格闘の末に一本釣りした松方さんは「マグロが姿を現したとき、本当にこんな魚がいるのかと、足がふるえた」。念願の300kgオーバーを釣り上げ「夢がかなった」、「だから、マグロ釣りはやめられない」と満面の笑みでした。
 松方さんは、釣り好きで知られ、見島にも16、17年前から通っている縁で、この大会に初参加。

 大物2本目も上がる
 さらに、同じ23日、チームGINGA(代表:森本茂さん、下関市)も、セミ体重(内臓を除く)276kgのクロマグロを釣り上げました。

 過去10回の大会の最高記録は、第3回の50kg。開催時期を、これまでの10月から11月に変更し、大会は過去に例のない盛り上がりを見せました。

 松方さんの釣り上げたマグロ(305kg)は、空輸され、24日の東京・築地市場で、キロ6400円、204万9600円(税込)で競り落とされました。

 見島の漁業関係者は、「今回の件で、見島のマグロは全国的に知名度が上がり、評価も上がった。これから(12月から)マグロ漁が本格化するが、漁にも活気が出てくればと期待している」と話していました。

 萩クロマグロトーナメント
 見島沖はクロマグロが回遊、滞留する日本有数の好漁場です。萩クロマグロトーナメントは、見島八里ヶ瀬のクロマグロの漁場を守ろうとする一環で、漁業者と遊漁関係者の秩序ある漁場利用と相互理解を図るため、1998年に始まりました。
 今年は18チーム53人が参加。主催:萩クロマグロトーナメント実行委員会(赤崎望会長、見島観光協会や漁協などで構成)

順位チーム名代表者重量
優勝チーム松方松方弘樹
(東京都)
305kg
※築地にて検量
準優勝GINGA森本茂
(5人、下関市)
273kg
※築地にて検量
第3位栄福丸堀葵
(4人、愛知県)
9.9kg
特別賞デルタ重田省吾
(2人、防府市)
11.6kg

船上にて、クロマグロを狙う
船上にてクロマグロを狙う

あまりの重さにリフトが曲がるハプニング
あまりの重さに、リフトが曲がるハプニングがありました

準優勝チーム、GINGAの皆さん
準優勝チーム、GINGAの皆さん

大会の成功を祝して、万歳三唱
大会の成功を祝して、みんなで万歳三唱


萩市役所
〒758-8555 山口県萩市大字江向510番地
電話:0838-25-3131(代表)|ダイヤルイン電話番号一覧/メールアドレス一覧
開庁時間:午前8時30分〜午後5時15分(土、日、祝日及び年末年始を除く)
※出生、死亡などの戸籍の届出は、土、日、祝日などの閉庁時でも宿直で受付しています。
 窓口業務の時間延長について