ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 新型コロナウイルス関連情報特設ページ > 新型コロナワクチンの有効期限の延長について

新型コロナワクチンの有効期限の延長について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年2月7日更新

ファイザー社ワクチンの有効期限

ファイザー社ワクチンは、令和3年(2021年)9月10日に-90℃~-60℃で保存する場合の有効期限が「6か月」から「9か月」に延長されました。

有効期限が令和4年(2022年)2月末までまたはそれ以前となっているバイアルについては、有効期限は「印字されている有効期限より3か月長いもの」として取り扱うこととなりました。

ワクチンのロットシールの取り扱いについて

予防接種済証に貼付されるファイザー社ワクチンのロットシールのうち、有効期限の記載が令和4年(2022年)2月末までまたはそれ以前となっているシールは、印字されている有効期限より3か月延長されたものとして取り扱います。

有効期限の取り扱いは下記のとおりです。

ロットNo.(製造番号)

印字されている有効期限

(有効期限が6か月のもの)

新しい有効期限

(有効期限3か月延長後)

FJ7489 2022/1/31 2022/4/30
FJ1763 2022/1/31 2022/4/30
FK0108 2022/1/31 2022/4/30
FK8562 2022/1/31 2022/4/30
FK7441 2022/1/31 2022/4/30
FK6302 2022/1/31 2022/4/30
FL1839 2022/1/31 2022/4/30
FJ5929 2022/1/31 2022/4/30
FK0595 2022/2/28 2022/5/31
FL7646 2022/2/28 2022/5/31
FM3289 2022/2/28 2022/5/31

※有効期限の取扱い情報については、厚生労働省のホームページにも掲載されています。