ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 新型コロナウイルス関連情報特設ページ > 萩市長の新型コロナウイルス感染について(令和4年7月31日)

萩市長の新型コロナウイルス感染について(令和4年7月31日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年7月31日更新

 田中文夫市長の新型コロナウイルスへの感染が確認されましたので、お知らせいたします。
 経過等については、以下のとおりです。

経過

7月26日(火)~27日(水):県外出張(東京都)
※帰萩後、抗原検査を実施し、陰性を確認

7月28日(木):通常公務
※午前中にPCR検査を実施(後日陰性を確認)

7月29日(金):通常公務
※帰宅後、夜、発熱症状あり。

7月30日(土):医療機関を受診し、陽性が確定

・萩環境保健所の指示により、8月8日(月)まで自宅療養の予定
・市長は、新型コロナウイルスワクチンを3回接種済で、濃厚接触者等は、特定済

市の対応

・市長執務室等について、7月30日(土)に消毒
・今後の市長公務は、職務代理者を置かず、市政運営に支障をきたさないようテレワーク等により対応

市長コメント

 市民の皆様、事業者の皆様におかれましては、平素から、新型コロナウイルス感染防止対策に、ご理解とご協力をいただき、感謝申し上げます。
 皆様の安全安心な生活を守るべき立場にありながら、私自身が感染する事態となり、ご心配とご迷惑をおかけし、お詫び申し上げます。
 現在は、発熱もなく、無症状であります。当面、自宅にてテレワーク等により執務をさせていただき、市政運営に支障をきたすことのないよう対応してまいりますので、ご理解の程、お願いいたします。

令和4年7月31日(日)
萩市長  田中 文夫