ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > ふるさと便り > 平成19年 阿武萩和牛共進会

平成19年 阿武萩和牛共進会

印刷用ページを表示する 掲載日:2007年9月3日更新

 畜産農家の飼育技術の向上を目的に、8月23日、むつみ肉用牛集出荷施設で開催されました。管内の24頭の牛が出品され、月齢を3区分してその発育状況を競いました。
  審査の結果、次の牛が選ばれました。

  • 若牛黒毛和種1区(平成18年7月11日~平成18年11月10日生まれ)
      岩本弘司さん(小川)の「やすのぶ」号
  • 若牛黒毛和種2区(平成18年3月11日~平成18年7月10日生まれ)
      長沢台生産組合(紫福)の「しきたろう17」号
  • 若牛黒毛和種3区(平成17年11月11日~平成18年3月10日生まれ)
      長沢台生産組合(紫福)の「なおよし8」号

 この3頭は、10月に山口市で開催される山口県畜産共進会に出品されます。
 また、阿武町の無角和種振興公社から無角和種が展示され、この牛を放牧すると草をよく食べて、草刈りをしたようにきれいにしてくれると説明がありました。
 昔は、どの農家でも牛を飼育していましたが、機械化とともにその姿を消していき、飼育の目的も変化してきました。大きな体に似つかずやさしい目をして、温かみを感じました。

選ばれました!
選ばれました!

角が無い牛です
角が無い牛です

将来の畜産農家
将来の畜産農家

女性審査協議
女性審査協議