ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > ふるさと便り > 平成20年 平成阿武萩和牛共進会

平成20年 平成阿武萩和牛共進会

印刷用ページを表示する 掲載日:2008年8月25日更新

若牛黒毛和種1区 特等賞 ふじよし号
若牛黒毛和種1区 特等賞 ふじよし号

 8月21日、むつみ肉用牛集出荷施設で阿武萩和牛共進会が開催されました。
 阿武萩和牛改良推進協議会の主催。
 今回で16回目を迎え、和牛の改良効果の確認と飼育農家の意欲及び生産技術の向上を目指して行われています。
 阿武町と萩市内の飼育農家から、自慢の若牛22頭が出品されました。
 若牛黒毛和種1区(県内産、平成19年7月11日~平成19年11月10日生まれ)と若牛黒毛和種2区(県内産、平成19年3月11日~平成19年7月10日生まれ)に分かれ、その生育等を競います。
 黒や茶色の大きな体に真ん丸の目をした牛が飼育農家に引かれて来ると、審査員が一頭づつ体のバランス、肉付きなどの生育状況を審査します。
 女性による審査競技やどの牛が入賞するか予想する「牛くじ」も行われました。
 角の無い無角和種も参考に出品されていました。
 この日選ばれた牛は、10月18日に山口市で開催される山口県畜産共進会に出品されます。

審査のようす
審査のようす

触って確かめて
触って確かめて

甘えん坊の牛
甘えん坊の牛

角の無い牛
角の無い牛