ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > ふるさと便り > 夏が来ました!2021むつみ昆虫王国オープン

夏が来ました!2021むつみ昆虫王国オープン

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月13日更新

むつみ昆虫王国について

令和3年度の「むつみ昆虫王国」は7月17日(土曜日)9時にオープンします。(オープニングイベントはありません。)

むつみ地域の夏の代名詞と言えば「昆虫王国」と「ひまわり」です。

昆虫王国オープンを待ちに待っている子どもさんも多いと思います。昆虫王国は、むつみ地域のシンボル、伏馬山(ふすまやま)のふもとにあり、3つのゾーンで構成されています。「かぶと虫ドーム」に入り、カブトムシをつかんで腕や服につけたり、木の棒につかませたり、時間が経つのも忘れて楽しく遊べます。

----------

「むつみ昆虫王国」は、カブトムシに触れることができる「かぶと虫ドーム」、そして、1.5ヘクタールのクヌギ林を整備し昆虫採集が可能な「昆虫の森」があります。

「かぶと虫ドーム」は入場料 3歳以上1人につき500円が必要です。一旦、ドームから退場すると再入場は出来ません。

※令和3年度は珍しいカブトムシやクワガタを展示販売する「クワガタの館」は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休館します。

観て、触って、採って、思う存分昆虫とふれあうことができる施設となっています。

むつみ昆虫王国は、8月22日(日曜日)まで午前9時から午後5時まで営業します。

※新型コロナウイルス感染予防のため、オープン初日セレモニーおよび、「クワガタの館」での販売営業は中止します。

※台風の接近、大雨警報等が発表された場合は臨時休業します。

※昆虫の状態により開園期間を短縮する場合があります。

R3昆虫王国ポスター

昆虫王国の施設について

萩市むつみ地域では、地域資源の有効活用による中山間地域の農村らしさの創出を目指し「地域の顔・イメ-ジづくり」のため、交流拠点施設や道路沿線の景観整備を重点的に行っています。
特に、萩~津和野を結ぶ歴史・観光ラインの位置的な条件を活かしながら、地域内外のひと・もの交流による農村活性化を図るため、交流ル-トの一環として、伏馬山山麓の自然を活かした『むつみ昆虫王国』を整備し、「ひまわりロ-ド」や「ネムの丘キャンプ場」と連携したビオト-プネイチャ-ゾ-ンとして一帯の整備を図っています。
『むつみ昆虫王国』は、「かぶと虫ド-ム」・「昆虫の森」・「クワガタの館」で構成されております。
※新型コロナウィルス感染予防のため「クワガタの館」については、今年度営業中止。
◎かぶと虫ド-ム
本施設は、カブト虫が好んで棲息するクヌギ等を植栽し、ネツトでド-ム型に覆ったカブト虫の放虫施設で、7月初旬から8月にかけて促成・遅延飼育で養殖したカブト虫を期間中放虫し、自由に触れ合うことができます。虫の持ち出しはできません。
入園は、3才以上1人につき500円が必要です。一旦、退場されると再入場は別料金となります。

◎昆虫の森(入場 無料)
1.5ヘクタールのクヌギ林を昆虫が棲息出来るよう整備し、夜間には昆虫の活動時間帯のライトアップや特殊な匂いで付近の昆虫を呼び寄せ、餌付けによりそのまま森内に棲息させ昆虫採取が楽しめるよう整備された入園無料の森です。

◎クワガタの館 ※令和3年度は休館

むつみ昆虫王国の開国期間と場所

開園期間:令和3年7月17日(土曜日) から令和3年 8月22日(日曜日)までの毎日
開園時間:午前9時 ~ 午後5時
備   考:昆虫の状況、天候により開園期間を短縮する場合があります。
        台風接近や大雨警報が発表された場合は臨時休業となります。

場   所:萩市大字高佐下2750番地202(伏馬山麓)

問い合わせ先

むつみ昆虫王国
 〒758-0303 山口県萩市大字高佐下2570番地202
 電話・ファックス 08388-8-0064(※開国期間中のみ)

萩市むつみ総合事務所
 〒758-0304 山口県萩市大字吉部上3191番地1
 電話 08388-6-0211 ファックス 08388-6-0218