ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 企画政策課 > 令和5年住宅・土地統計調査の準備事務(単位区設定)の実施について

令和5年住宅・土地統計調査の準備事務(単位区設定)の実施について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年12月5日更新

 令和5年10月1日を調査期日として、住宅・土地統計調査が実施されます。

 これは、住戸に関する実態、住宅及び土地の保有状況、住宅等に居住している世帯に関する実態を調査し、住生活関連施策の基礎資料を得ることを目的とした調査で、5年ごとに実施されるものです。

 この調査の準備事務(単位区設定)として、指導員が調査対象地域を巡回し、住戸の数や位置等を確認します。

 皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。

単位区設定とは

 令和5年10月に実施の「令和5年住宅・土地統計調査」に先立ち、調査区域を明確にし、調査を円滑に実施するために行うものです。

 調査区内の住戸の数・位置等を確認し、これを基に単位区を設定します。

調査スケジュール

 調査期日 令和5年2月1日

 巡回期間 令和5年1月中旬~2月中旬

調査対象地域

 萩市では国勢調査516調査区のうち、120調査区が指定されました。

 調査対象地域(行政区名)はこちら ⇒ 調査対象地域一覧 [Excelファイル/14KB]