ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 消費生活センター > 電車の戸袋、ドアの事故に気を付けて

電車の戸袋、ドアの事故に気を付けて

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月22日更新

事例1

 電車のドアの所で外を見ていたら、駅に着きドアが開いた際に、右腕を戸袋に引き込まれた。(5歳 男児)

事例2

 電車から降りる際、母親に抱かれていた子どもが戸袋に腕を引き込まれ、怪我をした。(9ヶ月 女児)

アドバイス

   電車の戸袋やドアに挟まれる事故が、0歳から5歳までの乳幼児に特に多く起きています。軽傷が殆どですが、中には、骨折や指の切断などの重篤な怪我を負ったケースもあります。
   電車のドアが開く際に、保護者は子どもの手や腕、足などがドアに触れることがないように注意しましょう。子供を抱っこしているときも注意が必要です。
   事故は、夏に多く発生しています。電車で出かける機会も多い夏休みに備え、保護者が子どもに、電車に乗り降りする際の注意などを、良く言い聞かせておくことも大切です。

                                                                                      子どもの安全イラスト