ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 水産課 > “桜ふぐ”ウェブページ、ロゴ、ポスター、チラシ等デザイン制作業務委託事業者を募集します!

“桜ふぐ”ウェブページ、ロゴ、ポスター、チラシ等デザイン制作業務委託事業者を募集します!

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年9月20日更新

目的

 桜の咲き始める3月から最盛期を迎えるマフグを、「桜ふぐ」と命名し、新たなグルメメニューや土産品を開発。さらに春に新酒の出る地酒など、旬の食とあわせたキャンペーンを地元旅館や飲食店と実施する予定です。
 この度、委託事業者を公募型提案方式により選定し、主なターゲットである20代から40代女性が、“桜ふぐ”を認知し興味を持つきっかけとなるデザインのウェブページ、ロゴ、ポスター等を作成することで、観光客の誘客促進並びに観光消費額の増加を図ります。

1.業務の概要

(1)業務の名称
 “桜ふぐ”ウェブページ、ロゴ、ポスター、チラシ等デザイン制作業務
(2)業務内容
 詳細は別紙仕様書のとおり。
(3)業務期間
 契約締結の日から令和5年2月28日(火曜日)まで

2.予算額(提案上限額)

金479千円(消費税及び地方消費税を含む。)

3.参加資格要件

 この公募型プロポーザルに参加できる者は、次に掲げる要件のすべてを満たす者とする。
(1)委託事業を的確に遂行するに足りる能力を有する団体。ただし、宗教活動や政治活動を主たる目的とする団体、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77 号)第2条第2号に規定する暴力団(以下「暴力団」という。)または暴力団の構成員(以下「暴力団員」という。)の統制の下にある団体でないこと。
(2)地方自治法施行令(昭和22 年政令第16 号)第167 条の4の規定に該当しない者であること。
(3)法人格のない団体にあっては、代表者の定めがあること。
(4)個人情報の取り扱い等に留意し、業務内容についての守秘義務を遵守できること。
(5)萩の魚ブランド化推進協議会との協力・連携体制及び個人情報保護の体制を構築できる者であること。
(6)国税、地方税を滞納していない者

4.企画提案に係る提出書類

(1)参加表明書(様式第1号)1部
(2)事業者概要(様式第2号)1部
(3)企画提案書(様式第3号)1部及びその写しを2部、次の事項を必ず明記し、A4版用紙で提出すること。
ア 企画の全体概要
イ 企画の個別内容
ウ 工程表(受注から完了までの作業スケジュール)
(4)受託費用見積書 1通及びその写しを2部
経費の明細を算出し、その経費を記載すること。消費税を差し引いた金額で見積り、消費税相当額込みの金額もかっこ書きで併記すること。
(5)その他留意事項
ア 企画提案書等の作成及び提出に係る費用は提案者の負担とし、提出された企画提案書等は返却しない。
イ 選定された者の企画提案書に係る著作権の帰属については、成果品を発注者に引き渡したときに、発注者に移転する。ただし、契約締結前にあっては提案者に帰属する。
ウ 選定されなかった者の企画提案書に係る著作権は、提案者に帰属する。
エ 提案者は、企画提案書に係る著作権及び肖像権の使用について、その許諾を得ることとし、問題発生時には提案者が解決するものとする。
オ 参加資格要件を満たさない者が提出した企画提案書等及び虚偽の記載がなされた企画提案書等は無効とするとともに、選定の取り消しを行うことがある。
カ 企画提案書等の提出後、企画提案書等に係る個別事項に疑義がある場合は、萩の魚ブランド化推進協議会から質問することがある。
キ 企画提案書は1者につき1案とする。

5.提出方法及び提出期限

(1)提出方法
提出先への持参または簡易書留郵便による郵送とする。
(2)提出期限
ア 参加表明書(様式第1号)・事業者概要(様式第2号)
令和4年10月17日(月曜日)午後5時(必着)
イ 企画提案書(様式第3号)・見積書及び添付書類
令和4年10月31日(月曜日)午後5時(必着)

6.提出先・お問合せ先

〒758‐8555
山口県萩市江向510番地
萩市農林水産部水産課 担当: 椙本
TEL:0838‐25‐4195
FAX:0838‐25‐3770

7.質問の受付

(1) この実施要領について質問がある場合は、質問書(任意様式)を作成し、令和4年10月3日(月曜日)までに6の提出先・お問合せ先に、持参、郵送、ファクシミリ、電子メールのいずれかの方法により提出すること。
(2)参加表明者全員に文書等で回答する。

8.選考

審査は「委託候補者選定基準」に従い、審査を行い、審査の結果、最も高い得点を得た者を委託事業者に選定する。

9.審査結果の通知及び公表

審査結果は、提案者全員に文書で通知する。

10.契約の締結

審査員による審査の結果、8により最高得点者と契約締結の協議を行い、契約を締結する。この協議には、企画提案書の趣旨を逸脱しない範囲での内容の変更の協議を含む。協議が不調のときは、8により順位付けられた上位の者から順に契約の締結協議を行う。

11.契約の解除

契約の相手方(以下「受注者」という。)が次に掲げる事項のいずれかに該当するときは、契約を解除することができるものとする。
(1)参加資格要件、企画提案書等に虚偽の記載等が発生したとき。
(2)受注者の都合により、発注者が契約を解除するときは、受注者は違約金として契約金額の10分の1に相当する金額を発注者に支払わなければならない。

12.契約までのスケジュール

契約の締結に至るまでの手続及び時期は次の予定とする。ただし、参加表明書等・企画提案書等提出期限以外は状況に応じて前後する場合がある。
(1) 企画提案募集開始      9月20日(火曜日)
(2) 参加表明書等の提出期限  10月17日(月曜日)
(3) 企画提案書等の提出期限  10月31日(月曜日)
(4)審査結果の通知      11月中旬
(5)企画提案協議・契約    11月下旬