ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 商工振興課/企業誘致推進課 > 萩市独自の補助金でキャッシュレス決済化を推進します!

萩市独自の補助金でキャッシュレス決済化を推進します!

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月1日更新

コロナ禍における「新しい生活様式」でもキャッシュレス決済を推奨!
国の事業者支援終了後も、萩市独自の補助金でキャッシュレス決済化を推進します!

 現在のコロナ禍において、感染防止対策として示されている「新しい生活様式」でも、キャッシュレス決済の利用が推奨されるなど、アフターコロナであるニューノーマル時代にはさらにキャッシュレス決済の必要性が高まることが予測されています。

 萩市では、キャッシュレス決済の普及事業として、事業者が支払う決済手数料への補助について、国の令和2年6月末までの支援期間終了後も、萩市の独自施策として、令和2年7月から令和3年3月までの最大9か月間、決済手数料の一部を支援することで、市内事業者のさらなるキャッシュレス決済化を推進します。

萩市中小企業者向けのキャッシュレス決済化推進事業の概要

事業概要

事業者のキャッシュレス決済手数料の一部を支援

対象者

市内に主たる事業所(本社等)のある中小企業・小規模事業者(国の制度に準じる)

※中小企業基本法第2条第1項に規定する事業者。なお、フランチャイズチェーン等は対象外。

補助率

キャッシュレス決済事業者に支払う決済手数料の1/3以内(上限額10万円)

※ただし、決済手数料率は3.25%を上限とする。

導入期間

令和3年3月までに導入すること。ただし、導入時から令和3年3月末まで引き続いて、キャッシュレス決済を実施すること。

対象期限

令和2年7月~令和3年3月の最大9か月間

申請方法等

令和3年4月以降に申請を受付、補助しますので、令和2年7月以降の手数料が分かる書類等を保存しておいてください。

※補助内容の詳細や申請手続きなどについては決定次第お知らせします。