ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 防災危機管理課 > 水防用語の改正について

水防用語の改正について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月28日更新

 萩市内の二級河川(山口県管理河川)のうち、阿武川、橋本川、明木川、大井川、蔵目喜川、須佐川、田万川で、洪水のおそれがある場合、山口県萩土木建築事務所から水防警報が発表されます。

 洪水等が発生した際、住民の皆さんが、的確で安全な避難をするために、河川の危険な状況等の防災情報が、迅速に伝達されるだけでなく、正確に理解され、的確な判断や安全な行動につながる情報の内容や表現であることが極めて重要です。

平成19年4月19日から一部の用語が変更されました

(1)水位を示す用語

 危険水位 ⇒ はん濫危険水位 ※避難勧告・避難指示
 特別警戒水位 ⇒ 避難判断水位 ※避難準備情報
 警戒水位 ⇒ はん濫注意水位
 通報水位 ⇒ 水防団待機水位

(2)その他の用語

 破堤(はてい) ⇒ 堤防の決壊
 欠壊(けっかい) ⇒ 一部流出(崩壊)
 越水(えっすい)・溢水(いっすい) ⇒ 水があふれる
 冠水 ⇒ 浸水
 出水 ⇒ 増水
 洗掘(せんくつ) ⇒ 深掘れ


 県内の河川水位は、下記のリンクから参照できます。
  山口県土木防災情報システム