ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 防災危機管理課 > インフルエンザにご注意ください!

インフルエンザにご注意ください!

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年2月4日更新

山口県内のインフルエンザ発生状況
 学級閉鎖等の情報は学校が措置した翌日以降に掲載されます。

 インフルエンザ予防の基本を心がけ、冷静な対応をお願いします。
マスクを過信せず、手洗いやうがい等の予防措置も重要です。
(1)症状がある人は、咳(せき)エチケットの徹底・咳、くしゃみの際は、ティッシュ等で口と鼻を被い、他の人から顔をそらしましょう。
・使ったティッシュは、人に触れないよう、直ちにフタ付きのゴミ箱に捨てましょう。
※使ったティッシュが乾燥すると、ウィルスが飛び散ります。
・咳やくしゃみ等の症状のある人には必ずマスクを着けてもらいましょう。
・個人が使用するマスクで最適なのは、不織布(ふしょくふ)製マスクです。
・N95(エヌきゅうじゅうご)マスクは、一般の生活の中で個人が使用するマスクとしては適していません。
・咳やくしゃみをおさえた手、鼻をかんだ手は直ちに洗いましょう。
・マスクは説明書を読んで正しく装着しましょう。
※咳で1.5メートル、くしゃみで3メートル、ウイルスを含むしぶきは飛び散ります。
(2)誰もが、手洗いとうがいの励行(習慣化)・帰宅後や不特定多数の者が触るようなものに触れた後は手を洗いましょう。
・うがいを日常的に行いましょう。(最初に口の中、続いてのどのうがい)
・手洗いは、石鹸を用いて最低15秒以上行うことが望ましいです。
・洗った後は、清潔な布やペーパータオル等で水を十分に拭き取りましょう。
(3)感染者や流行地に近づかない・感染者の2メートル以内に近づかないようにしましょう。
・流行地への旅行、人混みや繁華街への不要不急な外出を控えましょう。
・流行中の外出時は、マスクを使用しましょう。
(4)健康(感染しにくい状態)を保つ・十分な休養をとり、体力や抵抗力を高める。
・日頃からバランスよく栄養をとり、規則的な生活をする。

関連情報リンク

 山口県の新型インフルエンザ対応ハンドブック
 農林水産省食料家庭用食料品備蓄ガイド(通常の災害対策にも役立ちます)

事業継続計画(BCP)作成のために 中小企業庁「中小企業BCP策定運用指針」 
 内閣府防災担当「事業継続ガイドライン」 
 経済産業省「事業継続計画策定ガイドライン」  
 特定営利活動法人事業継続推進機構「中小企業BCPステップ・アップ・ガイド」 
 ※一部は感染源を鳥と想定していますが、豚に読み替えてください。
 ※WHOは新型インフルエンザウィルスの呼称をインフルエンザA(H1N1)としました。