ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 防災危機管理課 > 新型コロナウイルス感染症対策 マスク着用の考え方

新型コロナウイルス感染症対策 マスク着用の考え方

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年5月30日更新

屋外・屋内でのマスクの着用と子どものマスクの着用について

厚生労働省から、新型コロナウイルス感染症の基本的な感染対策としてのマスク着用の考え方が示されました。
引き続き、適切なマスクの着用、こまめな手洗いや換気など、基本的な感染対策の徹底をお願いします。

なお、今回の屋内・屋外でのマスク着用の考え方が明確化されましたが、「大声あり」のイベントについては、今までどおりの取扱いであることに留意してください。
例:スポーツイベント等で得点が入った時に一時的に歓声があがる場合は「大声あり」になり、「会話をほとんど行わない場合」に含まれません。
  ※大声:通常よりも大きな声量で、反復・継続的に声を発すること。

リーフレット
リーフレット2
リーフレット3