ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 萩市農業委員会事務局 > 農地法第3条に係る下限面積(別段の面積)の設定について

農地法第3条に係る下限面積(別段の面積)の設定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年3月29日更新

農地法第3条に係る下限面積(別段の面積)の設定について

 平成21年度農地法改正により、農林水産省令で定める基準に従い、農業委員会による下限面積(別段の面積)の設定が可能になりました。

 萩市農業委員会では平成26年6月定例総会において、下限面積を50アールから30アールに変更しました。また、令和元年7月定例総会において、定住の促進及び遊休農地の解消を目的として、萩市空き家情報バンクに登録された空き家に附属する農地に限り、下限面積を1アールに引き下げました。

◆下限面積(別段の面積)について  

 
        設 定 区 域   設 定 面 積
  萩市全域   30アール
  空き家に附属する農地
 (萩市農業委員会が指定した農地に限る)
   1アール

 2の設定区域は、1の設定区域に優先して適用する。

 空き家に附属する農地の取得についてはこちらをご覧ください。

空き家に附属する農地の指定について

 下限面積(別段の面積)1アールを適用する農地について、次のとおり指定したのでお知らせします。

◆空き家に付属する農地の指定
別段の面積 設定区域
1アール 椿字笠屋1922番3
1アール

山田字中河内3477番

山田字中河内3478番2