ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > まちじゅう博物館推進課 > NPO萩まちじゅう博物館活動発表会2017の開催について

NPO萩まちじゅう博物館活動発表会2017の開催について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月2日更新

見て、体験して、楽しく学ぶ萩まちじゅう博物館

 NPO萩まちじゅう博物館は、萩市が進めるまちづくりの取り組み「萩まちじゅう博物館」を市民の手で推進する団体として、平成16年に設立され、以来13年に渡って活動を続けています。
この度、「見て、体験して、楽しく学ぶ萩まちじゅう博物館」をテーマに、NPO萩まちじゅう博物館の活動と、萩まちじゅう博物館構想のことを広く知ってもらえるよう発表会を開催します。

と き

10月14日(土曜日)午前9時~午後4時

ところ

萩博物館

内容

<開会行事>
開会式、春日保育園児によるアトラクション

<屋 内>
各班による活動内容の写真や萩の古写真の展示、襖の下張剥がし体験、紙芝居等上演、民具紹介、採集貝の標本展示、あい染めハンカチのタペストリー展示、館内ガイド、英文リーフレットの展示

※萩博物館ミュージアムショップで1,000円以上購入されたお客様に抽選でオリジナル商品をプレゼント

<屋 外>
貝殻を使用したワークショップ(有料)、昔のおもちゃ遊び、古地図でまち歩き(堀内伝建地区コース、有料)

NPO萩まちじゅう博物館とは

■名称 特定非営利活動法人 NPO萩まちじゅう博物館   ■理事長 須子 義久
■設立 平成16年6月  ■認証 平成16年9月16日 ■会員数 205名(H29.4現在)
■活動内容
○まち博を市民レベルで推進
文化遺産情報の収集・整理、トレイルの提案など、まちじゅう博物館を市民レベルで推進しています。

○まち博の中核施設:萩博物館を年中無休で運営
中核施設である萩博物館の管理・運営を担い、受付や館内ガイドなどを行っています。ショップやレストランでは、「萩らしさ」にこだわったグッズやメニューの開発も行っています。

○萩博物館の学芸活動サポート
民具の手入れや古写真のデータベース化、フィールドワークでの歴史資料の掘り起こしなど、萩博物館の学芸活動のサポートを行い、多くの会員が楽しみ、生きがいを感じながら日々ボランティアで活動しています。