ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 市民課 > 年金受給者死亡届・未支給年金の請求

年金受給者死亡届・未支給年金の請求

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月26日更新

▼質問

 年金をうけている父が亡くなりました。年金をとめる手続はどうすればいいですか。

▼回答

 日本年金機構において、住民票コードが収録されている方につきましては、年金の死亡届は不要となります。(戸籍法上の届出期限7日以内に市区町村に届出を行われた場合に限ります。)共済年金を受給されていた場合は、共済組合に直接手続きをとっていただくようになります。

 また死亡当時、生計が同一であった配偶者・子・父母・孫・祖父母・兄弟姉妹・それ以外の3親等内の親族(曽孫、曽祖父母、曽孫の配偶者、甥・姪、おじ・おば、甥・姪の配偶者、おじ・おばの配偶者、配偶者の曽祖父母、配偶者の甥・姪、配偶者のおじ・おばなど)の順で、死亡した月の分までの年金が支払われる場合があります。(未支給年金といいます。)これは、請求が必要となります。

 具体的な手続きにつきましては、萩年金事務所(0838-24-2158)にお尋ねください。