ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 健康増進課 > 萩市新型インフルエンザ等対策行動計画を作成しました

萩市新型インフルエンザ等対策行動計画を作成しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新

 萩市では、平成25年4月に施行された新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく市町村行動計画を作成するため、医療関係者や学識経験者で構成された「萩圏域新型インフルエンザ等対策連絡協議会」の意見聴取などを経て、「萩市新型インフルエンザ等対策行動計画」を作成しましたので、お知らせします。

 新型インフルエンザは、ほとんどの人が免疫を持たないため、ひとたび流行すると大きな健康被害が予想され、日常生活への多大な影響も心配されています。

 このため、病原性が高く感染拡大の恐れのある新型インフルエンザ等対策を危機管理に関わる重要な課題と位置づけ、次の2点を主たる目的として対策を講じていく必要があります。

  感染拡大を可能な限り抑制し、市民の生命および健康を保護します

 2 生活・経済に及ぼす影響が最少となるようにします

 本行動計画は、国・県の行動計画を踏まえ、本市における新型インフルエンザ等対策の基本方針を示すものです。新型インフルエンザ等発生時には、本行動計画に基づき、全庁横断的な取り組みを推進することになります。

関連書類

  萩市新型インフルエンザ等対策行動計画【平成26年7月】 [PDFファイル/759KB]

感染対策 

 基本的な感染対策は、季節性のインフルエンザと同じです。

 マスクの着用、咳エチケット、手洗い、うがい、人混みを避けるなどが有効です。