ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 商工振興課 > 平成28年6月28日に萩市は、萩山口信用金庫 理事長 小田村 哲氏と地方創生に係る包括連携に関する協定を締結しました。

平成28年6月28日に萩市は、萩山口信用金庫 理事長 小田村 哲氏と地方創生に係る包括連携に関する協定を締結しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月4日更新
協定書締結式

・萩市では、「萩の創生」に向けて、平成27年10月に「萩市総合戦略」を策定しており、萩山口信用金庫が持つ地域内外のネットワークとノウハウを活用しお互いに連携することで、「萩の創生」を実現することを目的としています。

・萩市にとって、金融機関と本協定を締結するのは初めての試みであり、萩市と萩山口信用金庫が、地方創生に関し、包括的に連携することで、萩市総合戦略に基づいた施策を地域と一体となって取り組みます。


〈本協定の主な5つの項目について〉
(1)萩市の産業振興及び地域経済活性化に関すること
 萩産品のブランド化及び販路拡大支援による中小企業等への支援、市内中核企業の育成、創業支援等
(2)観光活性化に関すること
 地域経済の活性化を目的とした交流人口拡大に向けた企画旅行の積極誘致等
(3)定住促進及び子育て支援に関すること
 Uijターン者、地域おこし協力隊等への定住・創業(開業)におけるコーディネートの強化等
(4)地域づくり及び地域活性化に関すること
 萩らしい町並みを保存するため、既存の住居や空き家を活用した歴史的町並み景観の形成等
(5)その他地方創生の推進に関すること
「萩市と萩山口信用金庫との地方創生に係る包括連携に関する協定」が締結されたことで、萩市としても今後一層「萩の創生」の実現に向け邁進します。