ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 土木課 > 自然災害による住宅等への土砂流入被害復旧事業

自然災害による住宅等への土砂流入被害復旧事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年1月27日更新

 平成25年7月に起きた集中豪雨や台風などに伴う土砂災害により、市内の多くの住宅や農地が被害を受け、被災者から災害復旧事業の対象とならない土砂の撤去に関する問い合わせが多く寄せられています。
 市では、自然災害により小河川や裏山等から住宅や農地、農業用の用排水路に土砂が流入した場合、災害復旧事業の対象とならない小規模な被害の復旧に対し、請負業者等に補助金を交付する制度を設けています。
 具体的な補助内容は、下記の担当課に直接、ご確認ください。

補助対象工事補助対象費用補助率等申請者必要書類申請先
1

小河川(※1)の氾濫により、住宅(※2)に土砂が流入した場合で、工事請負業者が実施するもの

工事請負業者の見積額
と別に定める設計算出
基準額のいずれか低い
方の金額
補助対象費用から5万円を控除し、残額に1/2を乗じた額
(上限20万円)
工事請負業者・委任状
・誓約書
・位置図
・平面図または見取り図
・見積書

土木課
25-3539

 2

住宅裏手等の崩壊により、住宅(※2)に土砂が流入した場合、工事請負業者が実施するもの

工事請負業者の見積額 

 同上

同上 

同上

林政課
25-4194

 3

農地、農業用の用排水路に土砂が流入した場合、農地等の受益者が機器のリースを受け、2人以上の共同作業で実施するもの

機器のリース料
(機器運搬費を含む) 

 全額補助
(上限20万円)

共同作業をする受益者 

・位置図
・平面図または見取り図
・関係者名簿
・見積書 

農政課
25-4191

 ※1 市の管理河川以外で、河川法が適用及び準用されない小規模の川(農業用用排水路を除く)。
    なお、小河川以外の河川については、河川管理者が応急措置を行います。
 ※2 住居用の家屋(倉庫、納屋および店舗は除く)。

◆申請方法

 土木課、林政課、農政課、各総合事務所産業振興部門備え付けの申請書に必要書類を添付し、ご提出ください。申請書は下記からも入手できます。着工後の申請は受け付けられません。

萩市自然災害による住宅等への土砂流入被害復旧事業費補助金交付要綱 (pdf形式:163KB)萩市自然災害による住宅等への土砂流入被害復旧事業費補助金申請等様式 (word形式:82KB)