ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 警防課 > 救急ステーションについて

救急ステーションについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年2月16日更新

救急ステーション認定制度について

 多くの利用者が出入りする旅館、ホテル等の各種事業者であって、救急事案が発生した場合、消防署への通報や適切な応急救護処置、救急隊への支援・協力を行うことができる事業所を「救急ステーション」として認定する制度です。
 この「救急ステーション認定制度」は、山口県救急業務高度化推進協議会において平成16年度から開始されたもので平成17年6月からはAEDの普及促進を図るため「AED設置救急ステーション」の認定も行われるようになり、県内全域に普及が進められています。

《認定基準》
 〇上級救命講習修了者を1名以上確保していること。
 〇普通救命講習2修了者を、全従業員の70%以上確保していること。
 〇応急手当資機材を常備していること。
 〇年1回以上、救急訓練を実施していること。

萩管内の救急ステーション施設一覧 [PDFファイル/52KB]

萩市消防本部では、救急ステーションに登録していただける事業所を募集しています。