萩博物館

>> HOME

 

星の会 【夜の部】特別編
田床山でカノープスを見よう


カノープス

日にち 2024年 3月1日(金) 集合時間 19時30分 (終了21時予定)
集合場所 萩博物館・天体観望室 観望場所 田床山
参加費 無料    


どなたでも参加できます!
赤く輝く長寿の星をお話を聞きながら観望しませんか?


 カノープスは 赤く輝く事から縁起の良い星とされ、中国では「南極老人星」や「寿星」と呼ばれています。「南極老人」とは日本の七福神のひとり「福禄寿」の元になった神様で長寿をつかさどるとされており、一目見ると寿命が延びるとも言われています。

カノープスが赤く輝くのは水平線近くにいるからで、夕日や朝日が赤く見える原理と同じです。 ですがそのせいで建物や山などに邪魔され、見ることが難しい星なのです。 残念ながら萩博物館・天体観望室からも見ることができません。

そこで萩博物館周辺で最も標高が高い田床山へカノープスを見に行きます!
田床山へのルート(移動は各自のお車でお願いします)や見つけ方のご説明、また冬のダイヤモンド、冬の大三角など、冬の空の見どころもたくさんご紹介します。
美しいカノープスを見て、皆様の長寿を一緒に願いませんか?
萩博物館から田床山まで車で約20分ほどです。ぜひ暖かい服装でご参加ください。


お越しの際は事前に萩博物館ホームページをご確認ください。


  1. 19時30分に萩博物館・天体観望室に集合
  2. 天体観望室にて、資料配布と解説を行います (田床山への行き方もご説明します)
  3. 各自の車で田床山へ移動 (約20分ほどで到着)
  4. 田床山にてカノープスの探し方等の解説を聞きながら観望
  5. 現地で解散 (21時頃予定)


※注意事項
・萩博物館閉館後のため、正面玄関からお入りいただけません。博物館裏手(北側)にあります職員通用口をお使いください(マップはこちら
・田床山へは各自の車で移動します。お車でお越しください
・寒いかと思われますので防寒対策をしっかりしてご参加ください
・曇天や雨天の場合は、博物館内で通常の星の会を行います



                 

 

 

 

>> 催し物のご案内トップ