鶴江・香川津・新川おたからマップ

萩三角州の東側に位置し、姥倉(うばくら)運河に面する鶴江・香川津・新川地区。江戸時代から漁業や農業、竹材や木材の集積地であった場所が、運河によって萩の商工業エリアとしても発展していった特徴・痕跡を紹介。水辺から鶴江に向かう「鶴江の渡し」、鶴江神明宮、町並み、運河沿いを歩き、水と共に生きてきた人々の営みの風景を感じられるお散歩ルートや、姥倉運河の開削や「雁島(がんじま)」という地名にまつわるストーリーも掲載しています。

 鶴江・香川津・新川おたからマップ表紙

PDFマップをダウンロード

またStroly(ストローリー)のオンラインサービスを利用することで、スマートフォンで現在地とおたからマップを照らし合わせながら鶴江・香川津・新川地区のまち歩きをお楽しみいただけます。 下のリンクをクリックすると位置情報と連動したおたからマップが表示されます。

オンラインマップ(Strolyマップ)

オンラインマップ(Strolyマップ)

 

編集:鶴江町内会・香川津町内会・新川東区町内会・新川西区町内会・新川南区町内会、萩まちじゅう博物館文化遺産活用事業実行委員会

イラスト・デザイン:nating design 

発行年月:2022年3月

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

2022年4月14日更新