萩まちじゅう博物館とは

萩はまちじゅうが博物館 

萩は、たくさんの文化財をはじめ、「まちじゅう」に豊かな文化や歴史、自然の「おたから」があるところ。

それらのおたからを、現地でありのままに展示・保存されている資料と考えると、萩のまちは、まるで屋根のない広い博物館=「まちじゅう博物館」とみなすことができます。  

 「萩まちじゅう博物館」は、萩の魅力を萩にすむ人々が再発見するとともに、かけがえのない「萩のおたから」を守り育てながら、誇りをもって次世代に伝えていこうとする新しいまちづくりの取り組みです。


萩のおたからとは?

萩に住む人々が子どもたちや訪れた人々に伝えていきたいと思う、萩のまちじゅうの歴史や文化、自然や民俗など、そこに物語をもつモノ・コトを「おたから」と呼びます。


誰がやっているの?

「萩まちじゅう博物館」の主人公は萩に住む人々です。萩市まちじゅう博物館推進課とNPO 萩まちじゅう博物館が運営の中心となり、各地域の住民団体や民間事業者、行政などの協働(パートナーシップ)によって、萩まちじゅう博物館を支え、展開しています。


具体的になにをやっているの?

(1) 研究・保存おたからをデータベース化し、それを管理する活動おたからを再発見・新発見する活動おたからを保存・保全し、見守る活動

(2) 展示・情報発信・活用地域を屋根のない博物館ととらえ、現地でありのままにおたからを展示する活動おたから情報を通して萩の文化を解説(インタープリテーション)する活動おたから情報を発信・公開する活動おたからの特性を生かした公共空間づくり

(3) 拠点整備と周辺整備まちじゅうへの出発点、情報拠点(コア)として萩博物館を整備すること地域にあるおたからやその場所をまちじゅうの展示室(サテライト)として整備することサテライトを様々な物語でめぐる散策路「発見の小径」(トレイル)を整備すること

(4) 「心のふるさと・萩」のおもてなし 萩を訪れた人々が「もう一度萩に行きたい」と思うような、彼らを迎え入れた市民が「萩に住んで良かった」と日々思えるようなおもてなし活動


 萩まちじゅう博物館はどうやって楽しめるの?

「萩まちじゅう博物館」では、「萩再発見」という大きなテーマのもと、萩のまちを歩いて、おたからを見て・知って・巡って・体験することでお楽しみいただけます。

◇ 域のおたからを知るディープなマップ:萩まち歩きマップ

◇ 地元ガイドの案内で、巡ろう!:まち歩きガイドツアー(準備中)

◇ 萩のおたからを体感!:萩のまち体験プログラム(準備中)


もっと詳しく知りたい方は、下記の資料をご覧ください。

萩まちじゅう博物館基本構想

萩まちじゅう博物館条例

萩まちじゅう博物館 これまでの取り組みと今後の事業展開


 お問合わせ

視察などのお問い合わせはこちらへ(問合せフォームにリンク)

萩市観光政策部まちじゅう博物館推進課 〒758-8555 萩市江向510番地 Tel 0838-25-3290

NPO萩まちじゅう博物館 〒758-0057 萩市堀内355番地(萩博物館内)Tel 0838-25-3177

2020年3月10日更新