ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > おいでませ、豊かな暮らし応援課 > 萩暮らし応援事業補助金制度について

萩暮らし応援事業補助金制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

萩市空き家情報バンク制度に登録されている物件を、自らの居住用として購入または賃借したUJIターン者を対象に、改修費用または家賃の一部を補助します。

令和2年度より、幅広い年齢層の方にご利用いただけるよう対象年齢が拡充しました。

萩暮らし応援事業補助金制度 チラシ [PDFファイル/196KB]

補助対象者

 (1)萩市空き家情報バンク制度の登録物件を自らの居住用として購入または賃貸した者
 (2)UJIターン世帯であって、18歳以下の子どもを有する世帯主、または年齢が55歳以下の世帯主
 (3)購入または賃借した空き家の所有者等が入居者の3親等内の親族でない者
 (4)萩市に5年以上定住する意思のある者
 (5)税金の滞納がない者

※他にも要件がございます。事前にご確認ください。

補助金額

空き家改修費補助金

【売買契約締結の場合】

(1)木間地区、大井地区、三見地区、大島地区、相島地区、見島地区、川上地域、田万川地域、むつみ地域、須佐地域、旭地域、福栄地域の物件については、改修に要した費用のうち、対象経費の3分の2以内(上限額100万円。ただし、世帯に18歳以下の子どもがいる場合、子ども1人につき50万円を加算し、上限200万円)
(2)上記の地区または地域以外の物件については、対象経費の2分の1以内(上限額50万円。ただし、世帯に18歳以下の子どもがいる場合、子ども1人につき50万円を加算し、上限150万円)

【賃貸借契約締結の場合】

(1)木間地区、大井地区、三見地区、大島地区、相島地区、見島地区、川上地域、田万川地域、むつみ地域、須佐地域、旭地域、福栄地域の物件については、改修に要した費用のうち、対象経費の3分の2以内(上限額50万円。)
(2)上記の地区または地域以外の物件については、対象経費の2分の1以内(上限額25万円。)

空き家家賃補助金

(1)木間地区、大井地区、三見地区、大島地区、相島地区、見島地区、川上地域、田万川地域、むつみ地域、須佐地域、旭地域、福栄地域の物件については、家賃の2分の1以内(上限額月額2万円)
(2)上記の地区または地域以外の物件については、家賃の2分の1以内(上限額月額1万円)
(3)世帯に18歳以下の子どもがいる場合、子ども1人につき月額5千円を加算。
(4)申請月から最長2年間、補助します。

申請手順

萩暮らし応援事業補助金交付申請書に必要事項を記載し、必要書類を添付しご提出ください。

※予算の範囲内で助成します。