ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

児童扶養手当

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

▼対象者

父母の離婚、父又は母の死亡等により父又は母がいない家庭、父又は母が重度の障がい状態にある家庭等で18歳に到達した年度末までの児童(障がいのある児童については20歳未満)を監護している父又は母、父母に代わって児童を養育している方。ただし、支給要件、所得制限があります。

▼支給額

第1子         全部支給 月額43,160円(一部支給は10,180円から43,150円)
第2子加算額    全部支給 月額10,190円(一部支給は  5,100円から10,180円)
第3子以降加算額  全部支給 月額 6,110円(一部支給は  3,060円から 6,100円) 
支給開始月から起算して5年または支給要件に該当した月から起算して7年を経過したときは、手当額の1/2が支給停止となります。(認定請求をした日に、満3歳未満の児童を監護する受給者については、児童が満3歳に達した月の翌月から起算して、5年を経過したときから)
※ただし、就労及び求職活動中の方や就労できない事情のある方は「一部支給停止適用除外事由届出書」を提出することにより、手当ては減額されません。

▼支給月

5・7・9・11・1・3月にそれぞれ2か月分を支給

▼新規申請方法

子育て支援課児童環境係または各総合事務所市民窓口部門・支所・出張所に備付けの認定請求書、口座振替申出書、請求者および対象児童の戸籍謄本を提出してください。(印鑑を持参)
(注)転入の場合は、別に前住所地での所得証明書を提出

▼現況届の提出

児童扶養手当を受けている方は、毎年8月に、児童扶養手当証書(全部停止者は除きます)、印鑑を持参のうえ、子育て支援課児童環境係または各総合事務所市民窓口部門・支所・出張所に備付けの現況届を提出してください。

▼その他の届出

住所、氏名、金融機関、対象児童の施設入所、死亡等の場合は、必ず届出が必要ですので、お問い合わせください。