ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 農政課 > 新たに就農・就業・研修を始められる方への支援制度について

新たに就農・就業・研修を始められる方への支援制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年9月3日更新

新たに就農・就業・研修を開始される方への支援制度について

歴史のまち「萩」で農業を始めてみませんか?萩市はあなたのチャレンジを応援します!
「農業を始めたい」、「農家を継ぎたい」、「農業法人に就業したい」、「研修を受けたい」、「活用できる資金や支援策が知りたい」などお気軽にご相談ください。

農業スタートアップ応援事業

萩市では、就業準備期間及び経営の不安定な就業初期段階における経済的負担の軽減及び生活基盤の確保を支援し、就業への安心感と定着率の向上により、農業の担い手確保及び育成を図ります。
※支援の対象は、就農時に54歳以下の方となります。
※支援にあたり、基準を満たす研修計画または就農計画の認定が必要となります。
※認定には諸条件がありますので、詳細についてはお問い合わせください。
【就農準備支援事業】
就農・就業時に、必要な各種資材、消耗品等準備補助金を交付します。
補助金額:50,000円(1名につき1回に限る)
【賃貸住宅家賃補助事業】
民間住宅を賃貸される場合に、家賃補助金を交付します。
補助金額:家賃月額の2分の1以内(上限20,000円/月、最長3年間)
【UJIターン家族就業支援】
家族で移住就農される場合に、18歳以下の子ども(扶養者)の人数に応じた補助金を交付します。
補助金額:子ども1名につき5,000円/月(上限15,000円/月、最長3年間)
【ふるさと再生萩回帰応援事業】
萩市で新たに農業経営を開始される方、就農に向けた研修を開始される方で、国・県の支援事業の対象とならない方に対し、就農及び研修開始初期の生活基盤の安定を図るため、補助金を交付します。
補助金額:就農時39歳以下の方
       ・独立自営就農者 120万円/年(最長3年間)
       ・農業研修生 120万円/年(最長2年間)
     就農時40歳以上54歳以下の方
       ・独立自営就農者 60万円/年(最長3年間)
       ・農業研修生 60万円/年(最長2年間)

セカンドキャリア就農支援事業

定年退職等を機に、地域農業の担い手として、新たに就農を希望する方に対して、就農に必要となる経費を支援し、担い手確保を図ります。
※支援の対象は、就農時に55歳以上、64歳以下の方となります。
※支援にあたり、基準を満たす研修計画または就農計画の認定が必要となります。
※認定には諸条件がありますので、詳細についてはお問い合わせください。
【セカンドキャリア就農準備事業】
就農研修及び営農開始に要する費用(研修の授業料、教科書代、資格取得経費、営農開始時の資材、消耗品、機械等購入費)を支援します。
補助率:2分の1以内
補助金額:最大150,000円
【セカンドキャリア就農人材育成事業】
就農に向けた研修期間及び経営開始初期の支援として補助金を交付します。 
補助金額:独立自営就農者 60万円/年(最長3年間)
     半農半X等準主業農家 30万円/年(最長3年間、1年以内に市外から転入した者に限る。)
     就農研修生 60万円/年(最長2年間)