ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第15回 萩の真ふぐ祭り

印刷用ページを表示する 掲載日:2024年2月9日更新
 真ふぐは、身の色が美しい飴色で、深い甘みがあり美味しく、「ふぐの女王」と呼ばれています。真ふぐ漁は2月から4月が最盛期で、萩市のはえ縄船団が中心となって水揚げし、すべてが天然物として流通しています。その萩沖産の天然ふぐ「萩の真ふぐ」の更なる認知度向上と地産地消の推進を図るため、漁協等関係団体が協調して「第15回萩の真ふぐ祭り」を開催します。

開催日

 令和6年3月10日(日) 午前10時~午後2時 ※雨天決行

場所

 山口県漁協萩地方卸売市場及び道の駅萩しーまーと

イベント・スケジュール

■10時~
 ・開会(オープニングセレモニー)

 ・真ふぐPR
  水槽に活きた真ふぐを展示します。

 ・水産加工品等の即売
  真ふぐの加工品や水産加工品等を販売します。

■10時15分~
 ・真ふぐのお刺身・みがき・ぶつ切り特売
  真ふぐのお刺身500円、有毒部を除去した刺身・鍋用の「みがき」2,000円~2,500円、「ぶつ切り」1,000円で特売します。

 ・真ふぐ鍋の販売(限定700食)
  漁協女性部が大鍋で、萩の真ふぐを使用した本格ふぐ鍋を用意し、1杯400円で販売します。

 ・真ふぐの炊込みご飯の販売(限定500食)
  漁協女性部による真ふぐの炊き込みご飯の販売します。1パック400円。

■12時~
  真ふぐの握り寿司の販売(限定50食)
  5貫入りを1パックにして、600円で販売します。

■13時30分~
 ・〇×クイズ大会(ステージイベント)
  真ふぐ等に関する〇×クイズ大会。最後まで残った正解者には景品を進呈します。

■14時
 ・閉会

主催

 萩の真ふぐ祭り実行委員会 会長 吉村 正義(ヨシムラ マサヨシ)
 (山口県漁協はぎ統括支店副運営委員長)

共催

 萩市、萩の魚ブランド化推進協議会、山口県漁業協同組合はぎ統括支店、道の駅萩しーまーと、 萩越ヶ浜はえ縄船団

問い合わせ先

 萩市水産課(電話 0838-25-4195)