ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 土木課 > 山陰道(大井~萩間)、(小浜~田万川間)の令和3年度予算に向けた新規事業採択時評価手続きの着手が発表されました

山陰道(大井~萩間)、(小浜~田万川間)の令和3年度予算に向けた新規事業採択時評価手続きの着手が発表されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年2月26日更新

山陰道(大井~萩間)、(小浜~田万川間)の令和3年度予算に向けた新規事業採択時評価手続きの着手が発表されました

 本日(令和3年2月26日)14時に国土交通省より、令和3年度予算に向けた新規事業採択時評価手続きに着手することが発表されました。

 

山陰道の役割

 山陰道は、周辺地域の観光・産業振興に資するとともに、災害時など緊急時にも確実に機能する代替性を確保し、周辺住民の安全・安心な生活を支える道路として、地域の発展に必要不可欠な社会基盤です。

 

新規事業化に向けて

 今後、国において、都道府県等の他に学識経験者等の第三者から構成される委員会等の意見も聴き、評価結果を取りまとめる予定です。その結果、事業化が妥当と判断され、予算が成立すれば、正式に新規事業化が決定することになります。
 
 萩市としては、今後とも山陰道の早期全線開通を目指し、関係機関と力を合わせ取り組んでまいります。