ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 予防課 > 令和2年度甲種防火管理 新規講習・再講習について

令和2年度甲種防火管理 新規講習・再講習について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月7日更新

新規講習について

 令和2年7月29日・30日に予定しておりました令和2年度甲種防火管理新規講習は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止とさせていただきます。

再講習について

 開催日時 : 令和2年10月29日木曜日 10時00分~12時00分

 場   所 : 萩市消防本部 2階 室内訓練所

 受付期間 : 令和2年10月1日~10月21日

 ※実施要綱等については、9月下旬頃ホームページに掲載予定としております。

  【受講対象者】

   建物の収容人員が300人以上の特定防火対象物において防火管理者に選任されている方で、次の1または2に該当される方

     1 防火管理者に選任された日の4年前までに新規資格取得または再講習を修了し、選任された日から1年以内に再講習の課程を修了していない方

     2 1以外の防火管理者で、最後に講習の課程を修了した日以降における最初の4月1日から5年以内に再講習の課程を修了していない方

山口県内の防火・防災管理講習会ついて

 山口県内の防火・防災管理講習会の開催予定については下記のリンクをご参照ください。

  山口県内の防火・防災管理講習会一覧表(リンク先:山口県ホームページ)

  ※他市等で受講される場合は、開催する消防本部等にお問い合わせください。

講習の中止により防火管理者を選任(変更)できない事業所のみなさまへ

 講習の中止により、防火管理者を選任(変更)できない事業所につきましては、以下を参考に防火管理業務の実施をお願いします。

 〇過去に防火管理者を選任したことがない場合や、過去に消防計画を作成したことがないなど、実質防火管理業務が行われていなかった事業所については、講習受講までの期間、火元責任者の選任や自衛消防組織の編成など、各事業所において防火管理に努めてください。

 〇現在は防火管理者が異動や退職等の理由により不在であるが、過去に防火管理者を選任し、消防計画が作成され防火管理業務が行われていた事業所については、作成されている消防計画に基づいて防火管理に努めてください。

防火管理者とは

 防火管理者とは、多数の人が利用する建物など「火災による被害」を防止するため、防火管理に係る消防計画を作成し、防火管理上必要な業務(防火管理業務)を計画的に行う責任者をいいます。消防法では、一定規模の防火対象物の管理権限者は、有資格者の中から防火管理者を選任して、防火管理業務を行わせなければならないとされています。

防火管理者が必要な建物

 【甲種防火対象物】

  〇社会福祉施設等で、自力避難が困難な方が利用し、就寝を伴う施設またはそれらを含む建物で、建物全体の収容人員が10人以上のもの

  〇ホテル、病院、物品販売店等の不特定多数の方が出入りする建物で、建物全体の収容人員が30人以上、かつ、延べ面積が300平方メートル以上のもの

  〇工場、倉庫、事務所、共同住宅等の建物で、建物全体の収容人員が50人以上、かつ、延べ面積が500平方メートル以上のもの

 【乙種防火対象物】

  〇ホテル、病院、物品販売店等の不特定多数の方が出入りする建物で、建物全体の収容人員が30人以上、かつ、延べ面積が300平方メートル未満のもの

  〇工場、倉庫、事務所、共同住宅等の建物で、建物全体の収容人員が50人以上、かつ、延べ面積が500平方メートル未満のもの