ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 消費生活センター > 思わぬ落とし穴!?高齢者にもアダルトサイトの請求トラブル

思わぬ落とし穴!?高齢者にもアダルトサイトの請求トラブル

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月7日更新

 アダルトサイトで、無料だと思ってクリックしたところいきなり料金請求画面が出た、という相談が高齢者からも多く寄せられています。

相談事例

パソコンで湿布の薬について検索していた際、一覧に出たサイトをクリックしたところ、アダルトサイトにつながった。無料とあったので、サンプル画像をクリックすると「登録完了」画面が表示され、「正規料金は9万8千円だが、二日以内に払うと6万8千円になる」と書かれていた。あわてて、サイトに記載されていた業者の携帯電話に非通知で連絡すると「電話番号を通知して連絡し直すように」と言われてしまった。請求画面も消えず、混乱して夜も眠れない。どうしたらよいのか。(80歳代男性)

アドバイス

 このようなサイトでは、有料であるという表示が分かりにくい場合も多く、安易にアクセスしないことが第一です。また、やみくもに同意ボタン等をクリックしたり、ダウンロードしたりしないようにしましょう。
 業者に連絡しても、「間違えたなら支払わなくても良い」なとどは言われません。個人情報が知られてしまう危険性もあるので、自分から連絡してはいけません。請求画面の削除には、独)情報処理推進機構(Ipa)のホームページが参考になります。
情報セキュリティ安心相談窓口:http://www.ipa.go.jp/security/anshin/
 困ったときは、萩市消費生活センター(Tel25-0999)にご相談ください。

                              消費生活センターイラスト