ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 消費生活センター > 大手企業の名前を悪用!買え買え詐欺に注意!

大手企業の名前を悪用!買え買え詐欺に注意!

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月8日更新

 「買え買え詐欺」の中で、実在する大手企業の株や社債等が販売されているかのように装って勧誘し、お金を支払わせようとする手口に関する相談が寄せられています。

相談事例

 A銀行を名乗る男性から「あなたは大手企業B社の株を買えるリストに載っている。購入しないか」と電話があったが、よく意味がわからず断った。翌日、今度はB社の社員という男性が「自分で自社の株を買うとインサイダー取引になるのであなたの名前で買わせてほしい。後日、倍にして返す」と言ってきた。B社は有名な会社だから間違いはないだろうし、お金も貰えるなら…と思い、指示されたとおりに口座開設料300万円をA銀行に郵送した。その後も「補償金」などの名目で合計約1500万円支払った。あまりに高額になったので不安になり、電話をしてみたが繋がらない(70歳代女性)

 

アドバイス

 大手企業の名前を出すことにより消費者を信用させようとしますが、名前を使われた企業が社債等の勧誘を個人向けに行っているという事実は殆どありません。購入を持ち掛ける業者が、大手企業や証券会社の名前を語っているケースもあります。 一旦お金を支払ってしまうと取り戻すのは極めて困難です。うまい話には耳をかさず、きっぱり断りましょう。
 困ったときには、萩市消費生活センターまでご連絡ください。

                             消費生活センターイラスト