ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 消費生活センター > 突然の警告表示はセキュリティソフトの広告かもしれません

突然の警告表示はセキュリティソフトの広告かもしれません

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月13日更新

相談事例

 検索サイトを見ていた時に、画面の右側にピカピカ光る警告のようなものが表示された。そこには「パソコンにエラーがあるので、無料ソフトをダウンロードするように」と記されていたのでダウンロードすると、次に「修復には有料で登録する必要がある」という画面が出た。すぐに画面を閉じたが、パソコンを立ち上げるたびに警告画面が表示される(60歳代男性)

 

アドバイス

 パソコン操作中に突然現れる警告表示は、本当の危険やエラー等を知らせるものだけとは限らず、消費者の不安をあおりソフトの購入手続きに誘導する「広告」の可能性があります。信頼できる表示かどうかわからない場合には、クリックしないようにしましょう。 広告等の警告表示が出る一つの要因として、パソコンのOS(基本ソフト)やアプリケーションが最新の状態でない場合に、ウェブサイトを閲覧した際などに、意図せず警告を表示させるプログラムなどが埋め込まれていることが考えられます。常に最新の状態に保ちましょう。
 困ったときには、萩市消費生活センターまでご連絡ください。

                                    パソコンのワンクリックイラスト