ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 消費生活センター > 「無料で点検」のはずが、浄水器を買うハメに…点検商法に注意!

「無料で点検」のはずが、浄水器を買うハメに…点検商法に注意!

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月12日更新

相談事例

 突然「浄水器は点検が必要です。無料でできます」と電話があった。10年前に買った古い浄水器を使っており、無料ならよいと思い、来てもらうことにした。その日の夕方男性が来て、点検後「サビだらけなので買い換えた方が良い」と新しい浄水器の購入を勧めた。50万円と高額だったので断ったところ、「本社と交渉したら、特別に38万円位なった」と迫られたため、契約してしまった。3日後に集金に来る予定になっている。一人住まいで高額な契約をしたことが心配で、夜も眠れない。(80歳代男性)

 

アドバイス

 「無料で点検」などを口実に訪問し、点検後に消費者の不安をあおり、新たに製品を購入させる手口です。業者を安易に家の中に入れないようにしましょう。 「特別に値引きする」などと言葉巧みに契約を迫られても、その場で契約してはいけません。いったん帰ってもらい、家族や周囲の人に相談しましょう。必要なければ、きっぱり断ることも大切です。
 契約してしまっても、クーリング・オフや契約の取り消し等ができる場合があります。萩市消費生活センターまでご連絡ください。

                            消費生活センターイラスト