ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > ふるさと便り > 料理教室

料理教室

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年2月9日更新

          お正月のおもてなし料理に挑戦

 12月6日(月)と12月13日(月)に弥富交流促進センターで、料理教室を開催し、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、2日間同じ内容で、人数を限定して行いました。
 講師に、割烹「千代」で調理師をされている、児玉勝美様(弥富12区出身)をお迎えして、「お正月のおもてなし料理に挑戦」ということで、地元の食材や魚を使って、「鰆チャンチャン焼き」「クジラ汁」「里芋の唐揚げマヨネーズ和え」「鯛炊き込みご飯(土鍋)」「なんちゃってアップルパイ」の5品の料理を、教えていただきました。
 1回目は、2人組で5品の料理に挑戦しました。はじめに、「もう1度おさらいしたい料理のコツ」を資料をもとにお話をされ、料理本やネットでのレシピは参考程度にして、あくまでも自分の舌が1番確実なので味見は大切!味付けの基本は『ほんの少し薄い』と感じるくらいなど、調味料の使い方についても詳しく説明をしていただきました。調理実習では、それぞれ役割が多く、皆さん忙しそうな様子でしたが、「あれがまだやった。」「じゃあ私がやっとこう。」と2人で上手に分担して、時間内に作り上げることができました。皆さんも「美味しくできてよかったね。」と満足された様子でした。
 2回目は、須佐中学校(1年生)の生徒さんも参加され、一緒に調理実習を楽しみました。はじめの説明では、クジラについてのお話もされ、お正月に食べる地域もあるそうで、長門にはクジラのお墓があり、戒名を付けて大事にされているなど教えていただき、皆さんも「うんうん。」とうなずきながら聞かれていました。調理実習では、生徒さんとそれぞれ役割を決めて、「〇〇ちゃんこれ切って。」と、和やかな雰囲気の中、5品の料理を作っていきました。「なんちゃってアップルパイ」に付けるカスタードクリームは、その場で先生に作っていただき、「こげないように、粘りすぎないように混ぜることが大事。」と、火の加減をみながら、手早く混ぜる先生の技術を実際に見せていただき、皆さん「すごいね。」と感動されていました。料理も美味しくできあがり、おかわりをされる生徒さんもおられました。
 皆さんから「楽しかったね。またしてね。」という声もあり、また実施したいと思います。是非ご参加ください。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      料理集合 メニュー

料理1 料理2

料理3 料理4 

料理5 料理6