ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 市民課 > 印鑑登録の手続き

印鑑登録の手続き

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月6日更新

 印鑑登録とは、市役所に登録(届出)した印鑑が本人の印鑑に相違ないことを市長が認めるものです。この登録した印鑑を実印といい、商取引や不動産登記など、文書の作成者が本人であることを証明する大切なものです。
 萩市内に住民登録をしている15歳以上の方(意思能力のない方を除く)であれば印鑑登録ができます。

▼手続方法

手続方法
本人が申請する場合

◆本人確認ができるものを提示できる場合

即日登録でき、証明書も交付できます。

【本人確認ができるもの】
運転免許証、パスポート、保証書(萩市内で印鑑登録している人が印鑑登録申請書(裏)の保証書に自署し、登録印により保証)等
※健康保険証では登録できません。
※登録する印鑑を持参してください。

◆本人確認ができるものがない場合

  1. すぐには登録できませんので、印鑑登録の意思確認のため市からご自宅に照会書を送付
  2. 指定期間内に照会書についている回答書及び本人確認のできるもの(健康保険証等)を持参
  3. 登録証を交付(証明書も交付できます)
    ※登録する印鑑を持参してください。
代理人が申請する場合

登録する方の委任状(代理人選任届)がないと受付できませんので、本人自署の委任状(代理人選任届)を持参してください。

【必要書類等】
委任状(代理人選任届)、登録印、代理人の認印、代理人の本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)

  1. 市から本人あてに照会書を送付
  2. 回答書と登録印を持参(本人が持参できない場合は、同封の委任状に必要事項を自署、押印のうえ、委任してください)
  3. 登録証を交付(証明書も交付できます)

委任状様式  代理人選任届 [PDFファイル/49KB]

          代理人選任届(拇印用) [PDFファイル/49KB]

成年被後見人の方が申請する場合

成年被後見人ご本人が窓口に来庁され、かつ法定代理人が同行している場合に限って印鑑登録が可能となります。

申請手続き方法は、本人が申請する場合を参考にしてください。なお、同行される法定代理人の方の法定代理人であることの確認書類(発行より3ヵ月以内の登記事項証明書原本等)と本人確認できるものを持参してください。

▼登録できない印鑑

    • 住民基本台帳に記載されている氏名、氏、名、旧氏若しくは通称又は氏名、旧氏若しくは通称の一部を組み合わせたもので表していないもの
    • 氏名、旧氏又は通称以外の事項を表しているもの
    • ゴム印、その他印材の変化しやすいもの
    • 印影の大きさが、一辺の長さ8mmの正方形に収まるもの(小さすぎる)、または25mmの正方形に収まらないもの(大きすぎる)
    • 印影が不鮮明、または文字の判読ができないもの(輪郭が3分の1以上欠けたもの)
    • 市長が不適当と認めたもの(鋳造物や指輪状のもの、合成樹脂プレス製のもの=いわゆる三文印)

▼印鑑登録手数料

200円

▼手続場所

市民総合窓口、各総合事務所市民窓口部門、支所・出張所


関連ページ