>> HOME
 
展示のご案内
スペース講座・ワークショップ
萩博の収蔵品(データベース)
スタッフ紹介
調査・研究
萩学なんでもBox
萩博物館について
更新履歴
Web萩まちじゅう博物館
近隣の美術館・博物館
萩博NEWS
萩博ブログ
記者発表
 
開館時間・観覧料
交通アクセス
施設案内
お問合せ
年間パスポートのご案内
施設・資料の貸出し
リンク集
 
ミュージアムショップ
レストラン
 
 

萩博物館について

萩博物館は 『萩まちじゅう博物館』 の中核施設として、
萩開府400年の記念日である
平成16年11月11日に開館しました。
『萩まちじゅう博物館』は萩のまち全体を博物館としてとらえ、
萩のおたからを保存・活用しようという新しいまちづくりの取り組みです。
萩博物館はその拠点となる施設であり、
萩の自然や歴史、民俗、文化など
あらゆることが学べる機能を持っています。
■基本構想 概要
■基本構想 全文(PDF)
■萩博物館条例(PDF)
■萩博物館条例施行規則(PDF)
■萩博物館実績(H27年度末)(PDF)
 
| 概要 | 管理・運営 | 沿革 | 建築 | 
 
敷地が旧萩城三の丸にあたる堀内伝統的建造物群保存地区内にあることから、建物の配置や外観はかつてこの地区内にあった規模の大きい武家屋敷の特徴にならっています。萩博物館本体の構造は鉄筋コンクリート造ですが、軒先には木材を使用し、外壁は漆喰壁、なまこ壁、杉板下見張り壁で、伝統的建造物群保存地区にあって違和感のないよう配慮しています。敷地周囲には隅矢倉、長屋門、土塀などを配し、通りからの景観についても周辺との調和を図っています。

 

@所在地萩市大字堀内355番地
A敷地面積14,447u
B収蔵品総数18万7千点
C建築物概要
博物館本体:構 造 鉄筋コンクリート造
階 数 平屋建て、一部2階建て
床面積 4,267.54u
屋 根 いぶし銀色桟瓦葺入母屋造り5寸勾配
下屋は4.5寸勾配
腰 壁 杉板下見板張り、なまこ壁
長 屋 門:構 造 木造在来軸組工法
階 数 平屋建て
床面積 349.28u
隅 矢 倉:構 造 木造在来軸組工法
階 数 2階建て
床面積 95.26u
長   屋:構 造 木造在来軸組工法
階 数 平屋建て
床面積 197.93u
D工期平成14年7月〜平成16年9月
E総事業費 約31億4100万円
工事費:19億5200万円
展示制作費: 6億3400万円
実施設計・管理費: 1億1700万円
用地購入費: 3億4000万円
備品購入費:   9800万円
(内訳 国庫   8200万円  市債 15億7700万円
基金 8億9100万円 市費  5億9100万)
        
 
 
萩博物館の管理と運営は、博物館学芸班と庶務係、そしてNPO萩まちじゅう博物館の会員である萩市民が協働で行っています。
@学芸員・研究員・専門員・指導員 6名
(歴史担当3名、生活文化担当1名、海洋生物担当1名、陸上生物担当1名、天文担当2名)
A庶務係       4名(館長を含む)
BNPO萩まちじゅう博物館担当業務
・受付 ・案内 ・ガイド ・清掃 ・カフェの経営 ・ショップの経営 
・展示補助・調査補助 ・研修会の開催など
 
 
昭和21年
6月
 
萩市教育委員会が熊谷町に科学館を創立
昭和22年
8月
 
萩科学博物館に改称
昭和24年
 
一時閉鎖
昭和25年
12月
 
萩市公民館付設博物館として再発足
昭和32年
6月
 
博物館法による博物館として登録(科学博物館となる)
昭和34年
5月
 
人文科学関係を加え総合博物館となる
8月
 
萩市郷土博物館として、萩市大字江向525番地の4に新築開館
昭和42年
9月
 
屋上に天体観測ドームを建設し、15cm屈折赤道儀を設置
昭和43年
10月
 
分室として萩市江向495番地の4(萩市民館内)に維新資料展示室(208u)を開設
昭和58年
4月
 
分館として萩市大字江向530番地の1に民俗資料館を開設
平成11年
12月
 
国道191号拡幅に伴う解体工事のため、萩市大字江向552番地の11の旧法務局庁舎に仮移転
平成12年
4月
 
博物館建設準備室設置
5月
 
萩市博物館建設検討委員会設置
10月
 
建設地の発掘調査開始
平成13年
3月
 
萩市新博物館基本構想策定
7月
 
プロポーザル・コンペ方式により建築設計者、展示設計業者決定
平成14年
5月
 
新博物館新築工事、機械設備工事、電気設備工事入札
6月
 
建設地の発掘調査完了
平成15年
3月
 
展示実施設計完了
3月
 
長屋門、隅矢倉、長屋完成
4月
 
展示制作業者決定
平成16年
11月
 
萩開府400年を記念して開館
 
 
建築設計・・・・・・
株式会社 建築研究所 アーキヴィジョン
展示設計・・・・・・
株式会社 トータル・メディア開発研究所
本館新築工事・・・・
協和建設工業・波多野建設・松村建設共同企業体
機械設備工事・・・・
長松工務店・豊田鋼機・朝日商会共同企業体
電気設備工事・・・・
中電工・日進電気工事共同企業体
長屋門新築工事・・・
株式会社 小橋組
隅矢倉新築工事・・・
有限会社 本山工務店
長屋新築工事・・・・
南崎建築
 
   
 

萩博からでかけよう。

萩の観光情報はここから
ポータルサイト
萩市観光協会
「ぶらり萩あるき」
Web萩まちじゅう博物館 萩観光ポータルサイト 萩市観光協会「ぶらり萩あるき」