ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 市長室

市長室

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月4日更新

市長あいさつ

市長写真

 

 この度の市長選挙におきまして、市民の皆様をはじめ各方面からの温かい、そして、力強いご支援をいただき、市政執行の重責を担わせていただくこととなりました。

 誇るべき歴史と文化、豊かな自然など魅力あふれるここ萩市の市長として、歴代市長が今日まで築き上げてこられた萩市政の伝統を受け継ぎ、市政の舵取りを担いますことはこの上ない光栄であり、改めてその責任の重さに身が引き締まる思いであります。

 私は、これまで、県議会議員という立場で、萩市民をはじめとする県民の皆様の福祉の向上と山口県の未来のため、邁進してまいりました。これからは、立場は大きく変わりますが、県議会議員時代に得た様々な知見をはじめ、これまでお聞きしてきた市民の皆様の声を踏まえながら、本市のさらなる発展を目指し、萩市長としての使命と責任を果たすべく、全身全霊を尽くしてまいりたいと考えております。また、同時に、これからの市政運営に対する市民の皆様の期待に応えていかなければならないと、決意を新たにしているところであります。

 「明るく元気な萩をつくる」

 私は、先般の市長選挙において、「5つの良し」で「地域力」を向上し、活力を創生するまちづくりを進めていくことを、市民の皆様にお約束をいたしました。

 私たちを取り巻く環境に目を向けますと、人口減少や少子高齢化の急速な進行とともに、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が市民生活や地域経済に多大な影響を与え、人々の行動や価値観などあらゆる面において、大きな変革の時を迎えております。

 このため、まずは、未だ収束の見通せない新型コロナウイルスから市民の皆様の命と健康を守ることを最優先に、感染症対策の徹底と経済活性化の両立に向けて万全の対策を講ずるとともに、国や県としっかり連携をし、関係団体や事業者、そして、市民の皆様と心を一つに力と英知を結集し、様々な課題に果敢に挑戦し、目の前に立ちはだかる多くの困難の壁を打ち破り、萩の未来を切り拓いていくことが必要だと考えております。

 これらの実現に向け、「現場第一主義」を基本に、まずは現場に赴き、状況を確認し、市民の皆様の声を受け止め、その上で、お約束したことにしっかり取り組む「有言実行」の姿勢を貫き、市政発展に向けて全力を傾注して取り組んでまいる所存であります。

 ここに、改めて、市制に対する皆様のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます、ごあいさつとさせていただきます。

 

萩市長 田中 文夫

 

 

萩市長への手紙

市政に対する市民の皆様からのご意見やお困りごと、ご苦労されていることについてお聞かせください。

いただいたご意見には市長が直接目を通し、市政に活かしてまいります。

「萩市長への手紙」について

これまでにいただいた「萩市長への手紙」とその対応状況について