ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 新型コロナウイルス関連情報特設ページ
市長からのメッセージ
新型コロナウイルスに関する相談窓口
特別定額給付金について
市民の皆さんへ
事業者の皆さんへ
(for foreigners)外国人の方へ
経済的にお困りの方へ(徴収、支払い猶予等)
イベント等の中止情報など
施設の休館情報など
山口県からのお知らせ
児童・生徒の皆さんへ
医療機関の皆さんへ
関連リンク

新型コロナウイルスに関連したお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月16日更新

新着情報


3月4日、山口県内で初めての新型コロナウイルス感染症患者の発生が発表されました。
萩市も国・県と連携して感染拡大防止に最大限取り組んでまいります。
通常の風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、市民の皆様お一人お一人が、手洗いや咳エチケットや実行していただくことがとても重要です。感染拡大防止のため、ご協力をお願いします。

最新情報は、厚生労働省のホームページ「新型コロナウイルス感染症について」を、山口県内の発生状況の詳細は、県ウェブサイト「新型コロナウイルス感染症の山口県内での発生について」をご覧ください。

(for foreigners)外国人の方へ
(The consultation about a COVID-19 is available)新型コロナウィルスに関する相談


萩市新型コロナウイルス感染症対策本部において決定された基本的対処方針

萩市新型コロナウイルス感染症対策本部 基本的対処方針(令和2年8月4日決定)

市長からのメッセージ

動画(3分54秒)
※Internet Explorerでは動画再生ができない場合はこのアドレスにアクセスしてください。

市長メッセージ全文をみる

市民の皆さんへ

感染拡大防止のための「3つの密」のお願い

「うつらない!うつさない!」ためにクラスター(集団)感染の発生リスクが高い、
「3つの密」を避けてください

1) 換気の悪い密閉空間
2) 多数が集まる密集場所
3) 間近で会話や発声をする密接場面

◎日常生活では不要不急の外出は控えていただき、こまめな手洗いと咳エチケットを心がけてください。

◎若い世代の方は、重症化リスクが低く、感染していることに本人が気づかずに感染を広めてしまう事例が多くみられます。「3つの密」が同時に重なるようなイベント等への参加は避けてください。

◎ 海外から帰国された方は、14日間は自宅等で待機し、健康状態を確認してください。また、帰国後に自宅等へ移動される際は、公共交通機関を利用されないようお願いします。発熱などの風邪症状がある場合は、相談・受診の目安を参考に速やかに保健所に連絡し、その指示に従って行動してください。

(for foreigners)外国人の方へ(Request from Yamaguchi Prefecture regarding the prevention of the spread of COVID-19)新型コロナウイルス感染症について山口県からのお願い

コロナ対策

 新型コロナウイルスの出現に伴い、今後は、一人ひとりが感染防止の3つの基本である(1)身体的距離の確保、(2)マスクの着用、(3)手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の対策をこれまで以上に取り入れた生活様式を実践することが求められています。

 また、熱中症により救急搬送者や医療機関を受診する方が増加した場合、新型コロナウイルス感染症の対応を行っている医療機関に負荷がかかってしまうことが考えられるため、熱中症予防を一層徹底する必要があります。

熱中症予防行動の留意点

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

○ 夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。このため、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。

○ マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくても、こまめに水分補給を心掛けるようにしましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、適宜、マスクをはずして休憩することも必要です。

○ 新型コロナウイルス感染症を予防するためには、冷房時でも換気扇や窓開放によって換気を確保する必要があります。この場合、室内温度が高くなるので、熱中症予防のためにエアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。

○ 日頃の体温測定、健康チェックは、新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防する上でも有効です。体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。

○ 3密(密集、密接、密閉)を避けつつも、熱中症になりやすい高齢者、子ども、障害者への目配り、声掛けをするようにしましょう。

 詳しくは厚生労働省作成の「熱中症予防行動の留意点」 [PDFファイル/123KB]をご覧ください。

令和2年度の熱中症予防行動 [PDFファイル/191KB]

令和2年度の熱中症予防行動

新型コロナウイルス感染に関する相談・受診の新たな目安について

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

・発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。
・発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。
・基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話でご相談ください。

 新型コロナウイルス感染症対策について(萩市健康増進課・防災危機管理課 随時更新)

次のいずれかの症状がある方は、下記を目安に電話で萩健康福祉センター(保健所)にご相談ください。

【新たな目安】1つでも該当すればすぐにご相談ください。

・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱などの強い症状のいずれかがある※「37.5度以上の発熱」という目安は削除

・高齢者や基礎疾患がある人で、発熱やせきなどの比較的軽い風邪症状がある

・比較的軽い風邪が続く(4日以上続く場合は必ず相談)

aratanameyasu

ご相談の結果、新型コロナウイルス感染症の疑いがある場合には、専門の医療機関をご紹介しています。
マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

(for foreigners)外国人の方へ (Consultation regarding the Novel Coronavirus)新型コロナウィルスに関する相談について

(for foreigners)外国人の方へ(The consultation about a COVID-19 is available)新型コロナウィルスに関する相談

次の方は重症化しやすいため、“比較的軽い風邪の症状”がある場合には、下記に連絡してください。

・高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(Copd等)の持病のある方

・透析を受けている方

・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

山口県新型コロナウイルス感染症 専用相談ダイヤル

山口県では、新型コロナウイルス感染症に関する症状や感染予防、検査方法などの様々な相談に対し、直通で毎日24時間、専従スタッフによる適切な助言や情報提供が受けられる専用相談ダイヤルを開設しています。

電話 083-902-2510

専用ダイヤル開設のご案内 [PDFファイル/704KB]

妊婦の方へ

妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに下記連絡先に連絡してください。

・妊婦の方向けの現時点での医学的知見や、予防や働き方の留意点、発熱時の対応などについては、こちらのリーフレット(厚生労働省HPより)

・母子保健事業等における新型コロナウイルス対応関連情報はこちらのHP

妊婦の方々などに向けた新型コロナウイルス感染症対策(厚生労働省HPより) 

お子さまをお持ちの方へ

小児については、小児科医による診察が望ましく、下記連絡先やかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

小児の新型コロナウイルス感染症に対応した医療提供体制に関する資料は下記をご確認ください。(厚生労働省より)
リーフレット「新型コロナウイルス対策(COVID-19)~子どものいるご家族へ~」(別添1) [PDFファイル/368KB]
フロー図「子どもに受診を迷う症状があるときの相談・受診の流れ」(別添2) [PDFファイル/222KB]

連絡先(萩市内)

山口県萩健康福祉センター(保健所) 電話 0838-25-2667 平日:9時~17時
(土日祝日:山口県健康増進課 電話083-933-3502)
※連絡の際には、上記内容を必ず申し出てください。

フッダー画像